レオナルド・ワイン・ラバー。

天才の物語に新たな光を当てる

科学者のダ・ヴィンチ。哲学者のダ・ヴィンチ。建築家のダ・ヴィンチ。画家・彫刻家・デザイナーのダ・ヴィンチ。作家のダ・ヴィンチ。そして、数学者、音楽家のダ・ヴィンチ。何世紀もの間、レオナルド・ダ・ヴィンチは、私たちに新たな発見を与え続け、新しい側面と解釈で私たちを魅了し、驚かせ続けてきました。そして今日は、さらに新しいチャプター、天才のもっと個人的な側面、つまり彼の情熱、優れたワインへの愛、そして食卓での健康について発見し、語っていきます。レオナルド・ワイン・ラヴァーの世界へようこそ。

レオナルド・ダ・ヴィンチとワイン:純粋な愛

ダ・ヴィンチは、ブドウ畑の自然からインスピレーションを受け、ワインと日常的に親密に接していたことが、今日まで残されている写本やテキストによって、彼の生涯を通じて確認できます。ブドウ栽培に最適な地域にあるトスカーナの田舎村ヴィンチで幼少期に目覚めた彼のブドウ栽培への情熱は、家族が所有する土地とブドウ園で育まれ、ミラノで晩年を過ごすまで続きました。ダ・ヴィンチは、チェーザレ・ボルジアの要請でロマーニャ地方にも赴き、軍事技術者としての才能と知識を買われ、雇われていました。ここで、地元のワインを試飲し、高度なワイン造りの技術を学ぶことができたのです。ミラノでは、ルドヴィコ・イル・モーロから『最後の晩餐』を描いた報酬として1ヘクタールのブドウ畑を与えられました。これは、天才が所有する財産の中で、唯一遺言に記載されたものでした。特にダ・ヴィンチは、ワインが精神に与える効果に魅了され、ワインは彼の買い物リストに欠かせないアイテムとして含まれていました。

“se seguirete i miei insegnamenti berrete un vino eccellente”

「もし、こうした理論をご理解いただければ、より一層おいしいワインをご堪能いただけることでしょう」

Da Milano a Zanobi Boni, mio Castaldo.
li 9 de Xbre, 1515.

Non furono secondo la espettatione mia le quatro ultime caraffe et ne ò auto rammarico.
Le vite de Fiesoli in modo miliori allevati, furnire devriano alla Italia nostra del più ottimo vino, come a Ser Ottaviano.
Sapete che dissi etiamdio che sarebbe a cuncimare la corda quando posa in el macignio, con la maceria di calcina di fabriche o muralie dimoliti, et questa assiuga la radicha, et lo stelto;
e le folie, dall’aria attranno le substantie conveniente alla perfetione del grapolo.
Poi pessimamente alli dì nostri facemo il vino in vasi discuoperti, et cosi per la aria fuggi l’exentia in el bullimento, et altro non rimane che un umido insipiente culorato dalle bucice et dalla pulpa: indi, non si muta come fare si debbe, di vaso in vaso, et perloche viene il vino inturbidato et pesante nei visceri.
Conciosiacosache si voi et altri faciesti senno di tale ragioni, berremmo vino excellente.
M.N.D. vi salvi

“ミラノから執事のザノビ・ボニへ。
1515年12月9日

最後の4つのカラフェのワインは、私が期待していたようなものではなかったので、非常に後悔しています。
フィエゾーレのブドウの木は、最高の状態で栽培され、サー・オッタヴィアーノのような優れたワインをイタリアにもたらすはずです。
葡萄の木の根や幹を乾燥させ、葉に葡萄の実に有効な物質を吸わせるために、古い壁を取り壊した瓦礫を葡萄の木の列に施肥することは、すでに述べたとおりです。
さらに今では、ワインを開放容器で発酵させているため、エッセンスが空気中に溶け出し、ブドウの皮と果肉で着色された風味のない液体しか残らないという最悪の事態に陥っています。その上、正しくデカントされていないため、ワインは濁り、胃に重くのしかかります。
したがって、あなたたちがこの理屈を受け入れれば、優れたワインを飲むことができるのです。
主が私たちとともにいて、あなたを守ってくれますように

生産者への手紙

多方面にわたる研究の中でも、ダ・ヴィンチは、最高のワインを生み出すことに情熱を注ぎました。:知識、観察、自然への敬意が、葡萄畑でのすべての違いを生み出す基本的な前提条件であり、自然のプロセスを調査することで、欠陥のないワインを得るための一連の良い習慣を理解したのです。この分野でも先駆者であるダ・ヴィンチの独自の解釈を証明するのは、彼が1515年にフィエーゾレの生産者に送った手紙の中にあります。ここでは、ダ・ヴィンチの方法論的観察、今日では当たり前のワイン醸造技術、しかし当時としては先駆的な技術などを見ることができます。例えば、ブドウの質を最大限に高めること、ブドウの木に基本的な物質を与えること、密閉された樽での発酵と頻繁なデカンテーションによってワイン醸造プロセスを最適化することなどが挙げられます。

レオナルド・ダ・ヴィンチの醸造学研究からヒントを得た研究プロジェクト

ダ・ヴィンチは、ブドウの木に実った果実が完熟するまでのあらゆる自然現象を注意深く観察し、ブドウをワインに最適に変換する道具や技術を発明することで、高品質のワインを得る方法を理解していました。長年の研究の結果、私たちは天才の指示から推測されるワイン醸造法を再構築し、これを「Metodo Leonardo®(メトード・レオナルド®)」と名付けました。これは、私たちのワインの品質を決定する重要な要素であるため、登録し、厳重に管理しています。今日、Metodo Leonardo®は私たちのプロトコルであり、独占的かつ機密であり、イタリアワイン生産の最高峰を代表するワインコレクションの生産に適用されています。